コンクールを聴こう♬

本日は、月末に行われるコンクールのリハーサルがあり、生徒さんに付き添っていました。

大きなピアノ、でも、本番はさらに20センチ大きいピアノを弾く、と、解説がありました。

いい音ですね、大きいピアノ。

響きを感じて弾いてほしいです。

ちょうど今日、ポーランドでは、ショパンコンクールの1次予選が始まりました。

今はyoutubeのライブ配信で見ることができますので、どうぞご覧ください。

若いピアニストが、ほとばしる汗をかきながら、ショパンに対峙しています。

日本からもたくさんのピアニストがチャレンジしますよ!

さて、

生徒さんのリハーサルの話です。

初めてのコンクールです。ピアノの練習はとても好きで、自分から進んでできる子です。

ただ、通常バージョン以外のことは苦手なタイプのお子さんなので、本番も「出ない!」という可能性もありますが、

本番よりも、そこに行く軌跡を大切にしたい、と、コンクール出場を決めました。

今日のリハーサルは部門の隔たりなく、流れを味わう、といったものでした。

でも、予想外の順番に、「いやだ」と、舞台に向かおうとしませんでしたが、

わたしと手をつないで、一緒に舞台に行きました。

いつも間違えずに弾きますが、今日はパニクっていたので、途中で間違えました。

おうちの方は、そのことを気になさっていましたが、そんなことよりも、

舞台に出ることができ、間違えても弾ききることができたことをに100点を上げたいと思います。

このドキドキを味わっていたら、もしかしたら、「もう出たくない」というかもしれません。

でも、私は、「本番はばっちり決めるよ!」と言ってくれるような気がしていますので、

引き続き、応援をしていきたいと思います。

コンクールで賞を取るのが大切なのではなく、そこまで頑張った道のりが大切なのです。

私も、コンクールで失敗した思い出を持っています。

転んだら、何かをつかんで起き上がる、そんな「強さ」を身に着けてほしいと思います。

異国で頑張る日本人ピアニストの方々にも、ライブでエールを送りたいと思います。

 

関連記事

  1. 保育士コースが人気!信頼と実績、アフターケアで、保育士さんも…

  2. うれしいたのしいだいすきな、町のピアノ教室♡

  3. クリスマス会をします

  4. 教室年度末&GWに伴う休業についてお知らせ

  5. はじめまして、ともみゅーじっくです。

  6. 2020年度・6月開講となりました(^^♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。