ゆびを動かすこと~ピアノ療育~

ピアノを学ぶ上で、指を動かすことは必須です。

同時に、小さいお子さんであっても、指の番号である1・2・3・4・5は、読めるようになっていただいています。

発達障碍児さんは、数字がめちゃくちゃ得意な子と、めちゃくちゃ苦手な子に分かれます。

得意な子には、指番号だけでなく、数え方の単位や、トランポリンで数を数えながらたくさんの数を教えますが、

苦手なお子さんは、「4」を読むことが難しい子が多くみられます。

ともみゅーじっくでは、指番号積み木、もしくはマグネットを使って番号通りに指を動かす練習をします。

指は、そもそも、発達障碍児さんは「動かしにくい」場所でもあるので、まずは数字を読む練習から入ります。

楽譜を読むのと同じように、左から右に、例;5.1.4.2.3などと、声に出して読みます。

読めることで、「目が動いている」ことの確認にもなります。

目が動くことは、勉強をしていくうえでも重要です。

動かない子には、療育的なアプローチで、目を動かすブレイントレーニングをします。

読めるようになったら、まずは1・2・3の指から、いろいろな組み合わせで指を動かしていきます。

例;2.1.3・3.1.2など・・・

3つができたら、次は4つで、そして5つでやっていきます。

スモールステップが大事です。

いきなり難しいことをしようとしても、「いやになる」だけです。

実は難しいことでも、ハードルを下げることによって、早くできるようになります。

 

ともみゅーじっくでは、このような工夫を取り入れた、発達障碍児さんのためのレッスンをしています。

もちろん、このコースにとどまらず、大人の方のレッスンも、この方法を取り入れています。

ピアノを通じて、療育してみませんか?

 

関連記事

  1. 合理的配慮について(お困りごとについての配慮)  令和6年・…

  2. コロナショックの休日

  3. コンクール

  4. 10月度、「おんがくあそび療育」の無料モニターさまを募集しま…

  5. 3歳のかわいい女の子の体験レッスンをしました

  6. 脳とピアノの関係~ピアノを弾くと頭がよくなるの?~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。