ジュニアコース

ジュニアコース(就学したお子さまから中学生までの生徒さん)

ジュニアコースでは、幼児コースで培ってきた音感をフルに生かして、ピアノ曲にどんどんチャレンジしていきます。

ジュニアコースでは、バッハなどのポリフォニー、ブルグミュラー、ソナチネ、ソナタ、と、いう柱を登っていくように、経験値を上げていきます。

小学生になったら、まず、中国ユース音楽コンクールの予選を目指してみるとよいでしょう。

難しいですが、バッハの曲に真剣に取り組む期間が1年に1回以上はあった方がいいからです。

コンクールは勝ち負けではありません。

その場に至るまで、どのように過ごしてきたかが結果です。結果が入賞に結び付くつかないは、審査員の先生が決めることなので、

ともみゅーじっくでは、講師とおうちの方が、生徒さんを一緒に見守っていけるようにコミュニケーションをとっていきます。

なお、コンクールは任意です。

小学校高学年になると、合唱合奏伴奏を頼まれる生徒さんも多くなります。

弾きたいけど、弾けない、ではなく、いつでもみんなのために弾きます♪といえる、生徒さんの主体性も育てていきます。

また、J-popなど、弾きたいジャンルも増えてくるころです。

「自分の弾きたい曲を探して、自分で楽譜を用意できる・それが弾けるように練習する」生徒さんを育てます。

 
 

関連記事

  1. 童謡歌唱コースのご案内

  2. 発達障害児ピアノの学びの講座を開催しています

  3. 新コース設立~ZOOMで遠隔の授業~

  4. 保育士・幼稚園教諭を目指す方のコース(保育士養成コース)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。